フコイダン事典

フコイダンは、モズクなどの海藻に含まれる”ヌルヌル”とした成分のひとつです。免疫力の増強などの効果・機能性を持っていることが報告されており、フコイダンは将来性を秘めた健康食品として期待されています。

Top2007年08月 »

新着情報【2007年06月】

 フコイダンとは、モズクやワカメ、メカブ、コンブなどの海藻類(主として褐藻類)に...

 一口にフコイダンといっても、その種類には幾つかのものが確認されています。それは...

 海藻には主として、色素組成によって「緑藻類(りょくそうるい)」「褐藻類(かっそ...

 良いフコイダンに求められる条件としては、「原料の質の高さ」と「体内での効果の現...

 フコイダンは、コンブやメカブ、モズクなどを原材料とした天然の海藻由来成分である...

 フコイダンに注目されている効果・作用のひとつとして、衰えた免疫力を増強させる作...

 フコイダンの効果や効能については、多くのことが確認されてきていますが、今なお多...

 フコイダンには、ビタミンEやC、β-カロテン、フラボノイドなどの色素成分などの...

 フコイダンの持つ多彩な効果・効能のうち、アレルギー症状を緩和させる作用について...

 フコイダンをはじめとする海藻類には、血圧の上昇(高血圧)を抑制する効果のあるこ...

 フコイダンは水溶性食物繊維の一種です。一昔前は、食物繊維は「何の役にも立たない...

 フコイダンが血液中の過剰なコレステロールや中性脂肪を低下させる方向に作用するこ...

 フコイダンには、血液が凝固するのを阻止する作用、つまり抗血栓作用のあることが企...

 ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜の中に住んでいる細菌であり、胃潰瘍...

 代替医療(補完医療とも呼ばれている)とは、科学的根拠に基づいた現代西洋医学以外...

 この項では、代替医療の現況について触れていきたいと思います。  ハーバード大学...

 現在の医療現場では、代替医療を認めていない医師が大半です。その最大の理由は「科...

 数多くの基礎実験や動物実験、さらに臨床の研究や実績によって、フコイダンの有する...

 フコイダンの抗がん作用や抗腫瘍作用を説明するうえで、頻繁に使われているのが「ア...

 フコイダンが免疫力を向上させるのは、体内の免疫細胞を刺激して活発にし、かつ免疫...

 フコイダンの免疫力増強作用について別項で触れましたが、その理解の助けとなるよう...

 フコイダンが抗がん作用を示す理由のひとつとして、「血管新生を抑制する」という効...

 フコイダンのガン治療への適用について、つまりフコイダン療法において、実際の臨床...

 フコイダンは、多糖類といってフコースと呼ばれる単糖が何十万個、何百万個という単...

 高分子であるフコイダンを低分子化する目的は、腸管からの吸収率を改善するためと説...

 消化吸収されにくいとされる高分子フコイダンに優位性があるというのは、フコイダン...

■お問い合わせ  ・本サイトは、『フコイダン事典』により、運営・管理されておりま...

~ 『フコイダン事典』を訪問してくださった方々へ ~  近年、「フコイダンで癌が...

『フコイダン事典』との相互リンクに ご興味を持ってくださってありがとうございます...

フコイダンストア 高分子フコイダン・リアルフコイダンDは、コップ半分量で約6.3...

 沖縄モズク(通称:フトモズク)は、奄美大島から沖縄本島を経て、西表島へと及ぶ海...

 収穫期を迎えた沖縄モズクは、漁師が海中に潜り、バキュームホースで船上へと吸い上...

 沖縄モズク由来のフコイダンは、以下のように複数の製造工程を経て製品化されます。...

 フコイダン療法を取り入れている、またはフコイダンの導入に理解を示している病院、...