フコイダン事典 Top >  フコイダンとは >  フコイダンとは

フコイダンとは

スポンサードリンク

 フコイダンとは、モズクやワカメ、メカブ、コンブなどの海藻類(主として褐藻類)に多く含まれる、"ヌルヌル""ネバネバ"したヌメリ成分のひとつで、水溶性食物繊維の一種です。フコイダンを化学的に捉えると、「硫酸化フコースを含んだ多糖類」ということになります。つまり「フコース(fucose)」と呼ばれる糖に、硫酸基(SO42-)が多く結合したものを総称として「フコイダン」と呼んでいます。フコイダンが他の多糖類(β―グルカンなど)と大きく違うのは、硫酸基という成分を多く含んでいることです。


 ここで、

  ■多糖類とは
    グルコースやフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、アルギン酸など
    の単糖類が数多く連結したものをいいます。たくさんの糖がつながっている状態で
    すので、当然のことながら高分子になります。

  ■硫酸基とは
    硫酸基とは「硫酸」の基になるものですが、単体では人体には害を与えません。
    この硫酸基の特徴は水分を貯えてヌルヌルとした状態を作り出すことにあります。
    この硫酸基は人間の胃のなかにも存在しており、胃粘膜を胃酸から守る役割を果た
    しています。


 フコイダンに代表される海藻類の"ヌルヌル"した成分には、海藻の葉や茎が傷ついた場合に、そこから細菌が侵入してこないように防御したり、大気に曝された場合に海藻自体が乾燥するのを防ぐ役割があります。


 モズクやコンブなどにフコイダンが含まれていることは、100年近く前から確認されてはいましたが(1913年にスウェーデンの学者キリンによって発見された)、この成分がどのような効果をもっているのかが明確になったのはそれ程以前のことではありません。


 海藻類に含まれるフコイダンの機能性で、近年特に注目されているのは、ガン(悪性新生物)に対する効果です。試験管内実験や動物実験、臨床の場面で多くのことが明らかになりつつあります。フコイダンにはこのほかにも、以下のような多くの作用が確認・報告されており、多くの疾患に対する幅広い効果が期待されています。

  ■免疫力増強作用

  ■抗ガン作用・抗腫瘍作用(アポトーシス誘導・血管新生抑制・免疫賦活)

  ■抗酸化作用

  ■抗アレルギー作用

  ■血圧上昇抑制作用

  ■血糖値抑制作用

  ■コレステロールならびに中性脂肪抑制作用

  ■血液凝固阻止作用(抗血栓作用)

  ■ピロリ菌阻止作用

 このほかにも、肝機能改善作用育毛作用肌の保湿作用抗肥満・ダイエット作用などのあることが報告されています。

         

フコイダンとは

フコイダンとは、日本人が古来から常食しているコンブやワカメ、モズクといった海藻に含まれている成分です。がんを始め、生活習慣病予防への有効性が証明されつつあり、近年大きな期待と注目を集めています。

関連エントリー

フコイダンとは フコイダンの種類 フコイダンが含まれる海藻 良いフコイダンに求められる条件 フコイダンの副作用