フコイダン事典 Top >  フコイダンとは >  フコイダンの種類

フコイダンの種類

スポンサードリンク

 一口にフコイダンといっても、その種類には幾つかのものが確認されています。それは、コンブ科の「F-フコイダン」、「U-フコイダン」、「G-フコイダン」、「L-フコイダン」、「GA-フコイダン」の5種類と、ナガマツモ科のオキナワモズクに含まれる「オキナワモズクフコイダン」です。それぞれの特徴は以下のとおりです。

 ■F-フコイダン
  硫酸化フコースが主体となったもの。


 ■U-フコイダン
  硫酸化フコース以外に、「グルクロン酸」と「マンノース」を含むもの。


 ■G-フコイダン
  硫酸化フコース以外に、「ガラクトース(乳糖の構成成分)」を含むもの。


 ■L-フコイダン
  硫酸化フコース以外に、「ガラクトース(乳糖の構成成分)」を含むもの。
  昆布の仮根に含まれているほか、昆布の葉状体(葉)、根昆布(葉状体の最下部)、
  葉柄(茎)にも含まれています。


 ■GA-フコイダン
  硫酸化フコース以外に、「ガラクトース」「キシロース」「マンノース」
  「グルコース(ブドウ糖)」といった糖鎖を含むもの。そのほかにもウロン酸を多く含む
  という特徴があります。
  GA-フコイダンは、ガニアシと呼ばれる昆布の仮根(かこん)にのみ存在するものです。


 ■オキナワモズクフコイダン
  硫酸化フコースに「ウロン酸」が結合したもの。アセチルフコイダンとも呼ばれています。

         

フコイダンとは

フコイダンとは、日本人が古来から常食しているコンブやワカメ、モズクといった海藻に含まれている成分です。がんを始め、生活習慣病予防への有効性が証明されつつあり、近年大きな期待と注目を集めています。

関連エントリー

フコイダンとは フコイダンの種類 フコイダンが含まれる海藻 良いフコイダンに求められる条件 フコイダンの副作用