フコイダン事典 Top >  フコイダンの効果・効能 >  フコイダンの血液凝固阻止作用(抗血栓作用)

フコイダンの血液凝固阻止作用(抗血栓作用)

スポンサードリンク

 フコイダンには、血液が凝固するのを阻止する作用、つまり抗血栓作用のあることが企業などが行った研究によって明らかになってきました。


 血液が凝固してできる血栓は「止血する」という大切な役割を果たしています。血栓は傷ついた血管内壁に血小板や白血球などが集積してつくられます。本来なら、血栓をつくる働きと血栓を溶かす働きとの均衡がとれていますが、何らかの要因でこのバランスが崩れると血栓が堆積し、血流を阻害するようになります。この血栓が剥がれて毛細血管に入り込むと、血管を完全に塞いでしまうことになり、これが脳で起こると脳梗塞、心臓で起こると心筋梗塞を引き起こすことになります。


 こうした血栓の形成阻害に用いられるものに「ヘパリン」と呼ばれる抗凝固薬(血液凝固阻止剤)があり、血栓塞栓症の予防や血液透析の時などに使用されています。ヘパリンは豚などの腸粘膜組織から採取されるムコ多糖類で、その分子中には多数の硫酸基が含まれています。優れた機能を持つヘパリンですが、血液の凝固時間を延長するため、出血を助長してしまうといった望ましくない副作用が指摘されています。


 フコイダンも同じく硫酸基を多数含む多糖類であることから、その抗血栓作用が期待されていたのです。しかしながら、フコイダンもその種類によって、糖の構成や硫酸基の含有量が異なるため、抗血栓作用の程度に大きな差があることが明らかになっています。硫酸基を多く含む「F-フコイダン」に抗血栓作用が顕著に現れることが報告されており、ヘパリンにあるような副作用・問題点も殆ど認められなかったといわれています。

         

フコイダンの効果・効能

フコイダンの効果・効能は、大学や企業の研究者、医療機関などの基礎実験・動物実験や臨床実績データに基づき、多くのものが報告されています。その機能性は多岐に渡り、様々な分野への応用が期待されています。

関連エントリー

フコイダンの免疫力増強作用 フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用 フコイダンの抗酸化作用 フコイダンのアレルギー緩和作用 フコイダンの血圧上昇抑制作用 フコイダンの血糖値降下作用 フコイダンのコレステロール・中性脂肪低減作用 フコイダンの血液凝固阻止作用(抗血栓作用) フコイダンの抗ピロリ菌作用 フコイダンの育毛効果(作用) フコイダンの肌トラブル改善・美容効果 フコイダンの肝機能改善効果 フコイダンの抗肥満・ダイエット効果