フコイダン事典 Top >  フコイダンの効果・効能 >  フコイダンの抗ピロリ菌作用

フコイダンの抗ピロリ菌作用

スポンサードリンク

 ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜の中に住んでいる細菌であり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、慢性胃炎などの主な原因になるものとして近年注目を集めているものです。フコイダンは、このピロリ菌が胃粘膜に侵入するのを防ぐ作用があると言われています。


 これは、胃粘膜のなかの硫酸基を好むというピロリ菌の性質を利用したものです。フコイダンの持つ豊富な硫酸基が、ピロリ菌を吸い寄せ、フコイダンと一緒に腸まで運んで体外へ排出してまうと説明されています。さらにフコイダンの硫酸基が胃や十二指腸粘膜を保護する働きがあり、粘膜を修復したりバリア機能を高めるとされています。


 胃の中は強酸性であるため通常なら細菌が生息できない環境ですが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を持っているため、このような環境下でも生きていくことができます。このウレアーゼという酵素は胃のなかの尿素という物質を分解し、アンモニアを作り出します。このアンモニアが胃酸を局所的に中和して酸性度を低下させるため、ピロリ菌は生き抜くことができると言われています。


 このようなピロリ菌ですが、もともと生まれたときから胃の中に棲みついているわけではなく、経口感染によって人体に中に入ってきます。その感染率は発展途上国の方が高く、また年代が上がるにつれて高くなる傾向にあります。症状のない健康な人を対象とした、ある調査研究においては、30代で約20%、40代で約30%、50代で約40%、60代で約60%、70代で約70%の感染率であったことが報告されています。先進国のなかでは日本は感染率が際立って高いという特徴があり、戦後の衛生状態の悪さが、感染率の高さの一要因であると考えられています。


 ピロリ菌が胃潰瘍などの疾患を引き起こす発生機序は完全に解明されたわけではありませんが、おおよそ次のように考えられています。まず、ピロリ菌自体が出す毒素が胃粘膜の障害をもたらすということと、ピロリ菌が生息している箇所に白血球や免疫細胞が集中するために炎症が現れるという考え方があります。


 このピロリ菌の除菌は現在では保険適用になっており、医療機関で検査の結果、ピロリ菌の存在が明らかになれば、薬剤を使った除菌治療を受けることができます。

         

フコイダンの効果・効能

フコイダンの効果・効能は、大学や企業の研究者、医療機関などの基礎実験・動物実験や臨床実績データに基づき、多くのものが報告されています。その機能性は多岐に渡り、様々な分野への応用が期待されています。

関連エントリー

フコイダンの免疫力増強作用 フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用 フコイダンの抗酸化作用 フコイダンのアレルギー緩和作用 フコイダンの血圧上昇抑制作用 フコイダンの血糖値降下作用 フコイダンのコレステロール・中性脂肪低減作用 フコイダンの血液凝固阻止作用(抗血栓作用) フコイダンの抗ピロリ菌作用 フコイダンの育毛効果(作用) フコイダンの肌トラブル改善・美容効果 フコイダンの肝機能改善効果 フコイダンの抗肥満・ダイエット効果