フコイダン事典 Top >  フコイダンの効果・効能 >  フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用

フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用

スポンサードリンク

 フコイダンの効果や効能については、多くのことが確認されてきていますが、今なお多くの医学者や専門家、大学や民間の研究機関により詳細な研究が進められているところです。その中でも特に注目・期待されているのが、フコイダンの持つ抗がん・抗腫瘍作用です。これまでに、多くの研究者の手によって数々の研究・実験が行われており、ガン細胞が消滅したり、縮小している事例が報告されています。


 癌、つまり悪性新生物は、1981年以降のわが国日本において、死亡原因の第一位となっている疾患であり、毎年30万人を超える方々がその尊い命を奪われています。癌に対する治療法は現在のところ、外科療法(外科手術による病巣の切除)、化学療法(抗がん剤の使用)、放射線療法(放射線で病巣部にダメージを与える)の3つを柱に行われています。


 こうした治療によって、これまでに多くの人の命が救われているのは、紛れも無い事実です。しかし、外科手術にはガンができた臓器や部位によっては、障害などの後遺症が残る懸念が少なくありません。また化学療法や放射線療法においては、ガン細胞以外の健全な細胞にも影響を与えることになるため、様々な精神的・肉体的苦痛といった副作用以外にも、場合によっては大切な骨髄の働きまでも抑制し、逆にガンと闘う免疫力が低下してしまうという問題が指摘されています。先端の医療技術をもってしても、完全には克服しきれないのがガン治療の難しさです。


 こうしたなか、現代西洋医学に完全に依存しない治療法である「代替医療」が、一部では見直されるようになってきています。しかし、科学的根拠に基づいた西洋医学の替わりに、または西洋医学を補うものとして、健康食品などを使った代替医療を導入する医師・医療機関はまだまだ限られているのが現状です。「代替医療は科学的根拠が少ない」と、導入に消極的であるのが実情なのです。しかしながら、フコイダンが有する大きな可能性に着目し、数々の臨床実績を蓄積している医療機関が、わが国日本においても存在しています。


 注目されているフコイダンの抗ガン作用・抗腫瘍作用ですが、それはガン細胞に直接働きかけるということと免疫力を向上させること、といった複数の作用機序を持つことが特徴であるとされています。このフコイダンに特有の、がんに対する直接的・間接的な作用機序のことを専門的には、「アポトーシス作用」「免疫賦活作用」「血管新生抑制作用」といいます。これらの作用は、フコイダンの3大作用と呼ばれているものです。

         

フコイダンの効果・効能

フコイダンの効果・効能は、大学や企業の研究者、医療機関などの基礎実験・動物実験や臨床実績データに基づき、多くのものが報告されています。その機能性は多岐に渡り、様々な分野への応用が期待されています。

関連エントリー

フコイダンの免疫力増強作用 フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用 フコイダンの抗酸化作用 フコイダンのアレルギー緩和作用 フコイダンの血圧上昇抑制作用 フコイダンの血糖値降下作用 フコイダンのコレステロール・中性脂肪低減作用 フコイダンの血液凝固阻止作用(抗血栓作用) フコイダンの抗ピロリ菌作用 フコイダンの育毛効果(作用) フコイダンの肌トラブル改善・美容効果 フコイダンの肝機能改善効果 フコイダンの抗肥満・ダイエット効果