フコイダン事典 Top >  がんとフコイダン >  フコイダンのガン細胞に対する作用機序

フコイダンのガン細胞に対する作用機序

スポンサードリンク

 数多くの基礎実験や動物実験、さらに臨床の研究や実績によって、フコイダンの有する抗がん作用・抗腫瘍作用が確認されてきており、今後のがん代替医療にフコイダンが果たす役割に医療従事者のみならず、患者である医療消費者、産業界も多大な期待を持っています。


 フコイダンが現代医学のガン治療に使われている抗がん剤と異なるのは、抗がん剤が癌細胞を外から叩いて殺すことを目的としているのに対し、フコイダンは複数の作用機序をもってガン細胞や人体に働きかけ、細胞の退縮や休眠へと導くところにあると考えられています。


 その複数の作用機序というのが、このカテゴリで扱う「アポトーシス誘導作用」と「免疫賦活作用」、そして「血管新生抑制作用」なのです。


 それぞれの作用を、もう少し詳しく表現すると以下のようになります。

アポトーシス誘導作用
  ガン細胞にだけ直接的に働きかけ、アポトーシス(細胞の自然な消滅)機能が失われた
  ガン細胞を自滅へと導く。
  《『アポトーシス誘導作用』の詳細な解説については、こちらから


免疫賦活作用
  体の免疫力を高めて、がん細胞の活動を抑え、増殖した細胞を縮小したり、
  休眠状態へと導く。
  《『免疫賦活作用』の詳細な解説については、こちらから


血管新生抑制作用
  ガン細胞周辺に血管が新しくつくられるのを阻害し、ガン細胞への栄養補給路を
  絶ったり、転移するのを抑制する。
  《『血管新生抑制作用』の詳細な解説については、こちらから

         

がんとフコイダン

がん細胞に対するフコイダンの作用メカニズムについては、完全に解明されているわけではありませんが、現時点のところ「アポトーシス誘導作用」「免疫力増強作用」「血管新生抑制作用」の3つと考えられています。

関連エントリー

フコイダンのガン細胞に対する作用機序 アポトーシス誘導作用 免疫力強化作用 免疫細胞について 血管新生抑制作用 がん治療への適用とその効果について(フコイダン療法) フコイダン療法を取り入れている主な医療機関