フコイダン事典 Top >  がんとフコイダン >  免疫力強化作用

免疫力強化作用

スポンサードリンク

 フコイダンが免疫力を向上させるのは、体内の免疫細胞を刺激して活発にし、かつ免疫細胞自体の数も増やす方向に作用することに加え、免疫システム全体も活性化させるからだと考えられています。


 こういった免疫が増強されるメカニズムは複雑なため理解するのは容易ではありませんが、おおよそ以下のようなシステムが複合的に起こるためといわれています。簡単に要約すると、「腸管免疫」という免疫システムと、血液中のリンパ球(T細胞、B細胞)とマクロファージ(貪食細胞)、そしてNK細胞(ナチュラルキラー細胞)といった一連の免疫細胞からなる免疫システムの双方の活性化、というように説明することができます。(免疫細胞については、こちらを参照下さい


【腸管免疫システムを活性化】
  私たちの体の中で、細菌やウィルスなどの異物が最も侵入しやすい場所は、栄養を吸収
 する小腸(腸管)です。そのため全身のリンパ組織の6~7割が集中しています。
 これがヒトの最大の免疫システムと呼ばれる「腸管免疫」であり、腸管免疫の中枢を司る
 組織としては、「パイエル板」(腸管特有のリンパ節)の存在が挙げられます。

  小腸内腔には繊毛と呼ばれる小さな突起で覆われていますが、その一部に「M細胞
 という繊毛の未発達な部分があり、「パイエル板」はそのM細胞の下に存在しています。
 ここには、リンパ球マクロファージが分布しており、異物を攻撃・排除しています。

  フコイダンは、他の栄養素と違って難消化性であるため、基本的には腸管からの吸収率は
 低いとされています。そのため、消化吸収されないフコイダンの一部は、M細胞に取り込ま
 れ、パイエル板によって異物として認識さてしまいます。異物として認識されてしまった
 フコイダンは、待ち受けていたマクロファージによって捕食され、同時にその特徴を
 「ヘルパーT細胞」と呼ばれるリンパ球のひとつに伝えます。

  生体の免疫システムの司令塔であるヘルパーT細胞は、伝えられた情報を元に生理活性
 物質(サイトカイン)を放出して、体内のガン細胞などを攻撃するために全身に分布して
 いた「キラーT細胞」や「B細胞」といったリンパ球、そしてNK細胞が一斉に活性化する
 という仕組みになっています。

  このようにして、フコイダンが腸管免疫を刺激し、全身の免疫力が向上するという図式が
 成立すると説明されています。


【一連の免疫細胞を活性化】
  一方、腸管から吸収された方のフコイダン成分は、血液中に取り込まれ運ばれますが、
 途中で同じく血液中を巡回しているマクロファージ(貪食細胞)に発見され、捕食されて
 しまいます。このとき、マクロファージから「インターロイキン12(IL12)」と呼ばれる伝達物質
 が放出され、これが全身に分布しているキラーT細胞NK細胞を刺激活性化させることに
 よって、がん細胞への総攻撃を仕掛けると説明されています。

         

がんとフコイダン

がん細胞に対するフコイダンの作用メカニズムについては、完全に解明されているわけではありませんが、現時点のところ「アポトーシス誘導作用」「免疫力増強作用」「血管新生抑制作用」の3つと考えられています。

関連エントリー

フコイダンのガン細胞に対する作用機序 アポトーシス誘導作用 免疫力強化作用 免疫細胞について 血管新生抑制作用 がん治療への適用とその効果について(フコイダン療法) フコイダン療法を取り入れている主な医療機関