フコイダン事典 Top >  フコイダンとは >  フコイダンが含まれる海藻

フコイダンが含まれる海藻

スポンサードリンク

 海藻には主として、色素組成によって「緑藻類(りょくそうるい)」「褐藻類(かっそうるい)」「紅藻類(こうそうるい)」「藍藻類」の4つの種類に分類されており、このなかでフコイダンが多く含まれるのは「褐藻類」です。褐藻類の海藻は、茹でると緑色になりますが、海中で生息しているときは茶色(褐色)い色をしています。


 「褐藻類」の海藻には、コンブ、モズク、ワカメ、ヒジキ、などがあります。このなかで特にフコイダンが豊富に含まれているのが、「モズク(もずく)」です。モズクは、モズク科やナガマツモ科に属する海藻の総称で、枝分かれのある糸状の藻類のことです。日本では東北地方から沖縄諸島までの日本海・太平洋岸の静かな湾内などに生息しています。


 さらにモズクのなかでもフコイダンを多く含んでいるのが、ナガマツモ科の「オキナワモズク(沖縄もずく)」と呼ばれているものであり、乾燥重量の4%程含有されています。 含有量の多さ以外に、オキナワモズクの特徴としては、フコイダンを抽出しやすいといったことが挙げられます。


 これ以外にも、とくに繁殖の早いトンガ王国産のモズクは、オキナワモズクの5倍ものフコイダンを含んでいるといわれており、ミネラル成分の豊富さとあわせて注目されています。ちなみに、真コンブなどの昆布類に含まれているフコイダンは、モズクのそれと比べて5分の1以下になるといわれています。


 一方、ワカメにおいては、葉の部分ではなく、根っこの部位にあたる「メカブ」にフコイダンが多く含まれていることがわかっています。

         

フコイダンとは

フコイダンとは、日本人が古来から常食しているコンブやワカメ、モズクといった海藻に含まれている成分です。がんを始め、生活習慣病予防への有効性が証明されつつあり、近年大きな期待と注目を集めています。

関連エントリー

フコイダンとは フコイダンの種類 フコイダンが含まれる海藻 良いフコイダンに求められる条件 フコイダンの副作用