フコイダン事典 Top >  がんとフコイダン >  免疫細胞について

免疫細胞について

スポンサードリンク

 フコイダンの免疫力増強作用について別項で触れましたが、その理解の助けとなるよう「免疫細胞の働き」について以下に補足説明します。


 免疫細胞は、病原菌やウィルス、ガン細胞などの異物と闘い排除する役割を担う細胞で、白血球のなかにある細胞です。白血球中の免疫細胞は、マクロファージ(単球)、リンパ球、顆粒球から構成されています。


 マクロファージは、血液中を自由に動き回る非常に大きな免疫細胞です。途中で異物に出会うと攻撃を仕掛け、自ら細胞内に取り込んでしまいます。また、その際に、異物の情報をヘルパーT細胞に伝えるという役目も担っています。免疫システムのパトロール隊としての役割を持っています


 リンパ球には、「T細胞」と「B細胞」、そして「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」があります。T細胞は免疫システムで指令的な役割を果たす最も重要な細胞です。一方、B細胞はT細胞の指令を受けて、免疫グロブリンと呼ばれる抗体(病原体に対する抵抗物質)をつくる役割を持っています。そして、NK細胞は、他からの指示や命令がなくても、異物を見つけ次第攻撃をしかける免疫細胞です。


 さらにこのなかで、T細胞には「ヘルパーT細胞」「キラーT細胞」「サプレッサーT細胞」の3つがあり、それぞれ次のような働きをしています。


 ■ヘルパーT細胞
   免疫システムの司令塔です。マクロファージから受け取った情報を基に、サイトカイン
   という生理活性物質を放出して、がん細胞を殺す能力を持つキラーT細胞に出撃を命じ
   ます。また、リンフォカインという生理活性物質を放出してB細胞に抗体をつくらせる
   働きもしています。

 ■キラーT細胞
   異物を直接攻撃する役割を持った免疫細胞です。

 ■サプレッサーT細胞
   異物が排除されると、攻撃を中止するよう命じます。


 そして、最後に顆粒球ですが、顆粒球は比較的大きな細菌や細胞の死骸などの異物を食べて処理する役割を持っています。


 以上が、おおまかな免疫細胞についての解説ですが、このなかで「フコイダンのガン細胞への作用」という点で関係が深いのが、「マクロファージ ⇒ ヘルパーT細胞 ⇒ キラーT細胞」という連携攻撃と、単独で行動するNK細胞による攻撃です。

         

がんとフコイダン

がん細胞に対するフコイダンの作用メカニズムについては、完全に解明されているわけではありませんが、現時点のところ「アポトーシス誘導作用」「免疫力増強作用」「血管新生抑制作用」の3つと考えられています。

関連エントリー

フコイダンのガン細胞に対する作用機序 アポトーシス誘導作用 免疫力強化作用 免疫細胞について 血管新生抑制作用 がん治療への適用とその効果について(フコイダン療法) フコイダン療法を取り入れている主な医療機関