フコイダン事典 Top >  がんとフコイダン >  血管新生抑制作用

血管新生抑制作用

スポンサードリンク

 フコイダンが抗がん作用を示す理由のひとつとして、「血管新生を抑制する」という効果の存在が考えられており、現在さまざまな研究が行われています。


 「血管新生」とは、元々ある血管から新しい血管が形成されることです。ガン細胞は自らの周囲に新しい血管をどんどん形成していくことで、そこから栄養や酸素を補給して増殖したり、また転移するときのルートにしようとします。また新生血管自体の構造は薄い膜だけでできているため、そこから血液の血漿成分が血管外へ浸潤していきます。この血漿の体内蓄積が「腹水」の正体です。


 このようなことから、がん細胞の増殖と転移を抑制するためには、この新しい血管の形成を阻害し、栄養補給のルートと転移のルートを断ち切る必要があるのです。この血管新生を抑制するという考え方は、アポトーシス能を誘導することや、免疫細胞を活性化させること以外に、ガン細胞の活動を抑制する上で大切なものとなっており、現在世界中の様々な研究機関によって血管新生抑制物質の研究開発が取り組まれています。


 がん細胞が新しい血管を形成する際には、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)と呼ばれる血管新生を促進するタンパク質を分泌しますが、このVEGFの分泌をフコイダンが抑制することが研究によって明らかにされています。フコイダンのこうした作用が顕著に出現するためには、フコイダンに含まれる硫酸基の含有率が13~20%程度必要であるともいわれています。


 また近年、グルコース(ブドウ糖)という単糖をベースにした多糖類「β-グルカン」の一種に血管新生抑制効果のあったことが研究で確認されています。化学構造式は異なるものの、同じ多糖類であるフコイダン(フコイダンはフコースという単糖がベース)にも類似性が認められる可能性が高いとされており、今後の更なる研究の成果が注目されています。


 なお、フコイダンの血管新生抑制作用についてのその他の研究成果は、第64回ならびに第65回 日本癌学会学術総会においても発表されています。

         

がんとフコイダン

がん細胞に対するフコイダンの作用メカニズムについては、完全に解明されているわけではありませんが、現時点のところ「アポトーシス誘導作用」「免疫力増強作用」「血管新生抑制作用」の3つと考えられています。

関連エントリー

フコイダンのガン細胞に対する作用機序 アポトーシス誘導作用 免疫力強化作用 免疫細胞について 血管新生抑制作用 がん治療への適用とその効果について(フコイダン療法) フコイダン療法を取り入れている主な医療機関