フコイダン事典 Top >  フコイダンの効果・効能 >  フコイダンの抗酸化作用

フコイダンの抗酸化作用

スポンサードリンク

 フコイダンには、ビタミンEやC、β-カロテン、フラボノイドなどの色素成分などのように抗酸化作用、つまり活性酸素の攻撃を抑え込む効果のあることが明らかになっています。


 老化や、生活習慣病、ガンなどの発生メカニズムは、その全てが明らかになっているわけではありませんが、活性酸素が体内で作用することにより有害な過酸化物質が蓄積することが元凶であると考えられています。この活性酸素は反応性が極めて高いため、体内の遺伝子やタンパク質、脂質が酸化されることによって、様々な害をもたらすとされています。


 呼吸によって取り込まれた酸素の一部が、体内でエネルギーが産生される際に、活性酸素へと変化します。したがって、私たちが生きているかぎり、活性酸素との付き合いは逃れることの出来ない宿命となっています。


 私たちの体内では抗酸化に働く酵素、例えば「SOD(スーパーオキシド・ディスムターゼ)」や「グルタチオン・ペルオキシターゼ」などの酵素が存在し、活性酸素を無害化するなど、その役割を果たしています。しかし、これらの酵素の働きだけでは十分ではないため、栄養素として様々な抗酸化物質を外から摂取することが望まれているのです。


 フコイダンの持つ抗酸化作用の特徴は2点あります。まず、リポフスチン(過酸化脂質とタンパク質が結びつくことによってできる老化色素)が出来るのを防ぐ作用が強いということです。そしてもうひとつの特徴として、その物質としての「安定性」が挙げられています。

 
 抗酸化物質と呼ばれている一部のビタミンや色素物質は非常に不安定であり、自身が酸化されることで活性酸素の反応性を消去するよう働きます。このように酸化されてしまった抗酸化物質は、別の物質により還元されて大半は元の状態に戻りますが、その全てが元に戻るとは限らないのです。


 ということは、酸化された状態のままの抗酸化物質が、逆に人体に悪さを与えてしまうこともあるということになります。ところが、フコイダンはフコースと呼ばれる糖が主成分なので、分子量も大きく安定した状態で抗酸化能を発揮し続けるのではないかと考えられています。

         

フコイダンの効果・効能

フコイダンの効果・効能は、大学や企業の研究者、医療機関などの基礎実験・動物実験や臨床実績データに基づき、多くのものが報告されています。その機能性は多岐に渡り、様々な分野への応用が期待されています。

関連エントリー

フコイダンの免疫力増強作用 フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用 フコイダンの抗酸化作用 フコイダンのアレルギー緩和作用 フコイダンの血圧上昇抑制作用 フコイダンの血糖値降下作用 フコイダンのコレステロール・中性脂肪低減作用 フコイダンの血液凝固阻止作用(抗血栓作用) フコイダンの抗ピロリ菌作用 フコイダンの育毛効果(作用) フコイダンの肌トラブル改善・美容効果 フコイダンの肝機能改善効果 フコイダンの抗肥満・ダイエット効果