フコイダン事典 Top >  フコイダンの効果・効能 >  フコイダンのアレルギー緩和作用

フコイダンのアレルギー緩和作用

スポンサードリンク

 フコイダンの持つ多彩な効果・効能のうち、アレルギー症状を緩和させる作用について、この項では触れていきます。


 アトピー性皮膚炎や花粉症、鼻炎、喘息などのアレルギー性疾患に罹る人が近年増加している傾向にあるといわれています。アレルギー症状の発症は、免疫システムと深い関係にあることがわかっています。私たちに備わっている免疫システムは、ウィルスや細菌などから人体の健康を守る大切な機能であると同時に、アレルギー反応を引き起こすことがあります。


 私たちの体では、一旦外から異物が侵入してくると、その異物と結びつく「抗体」と呼ばれるタンパク質が免疫細胞から作られるようになります。抗体にはさまざまなものがありますが、このうちアレルギーに関連するのが「IgE(アイ・ジー・イー)」と呼ばれる抗体です(免疫グロブリンEとも呼ばれます)。


 花粉などの異物(抗原)が体内に侵入してくると、マクロファージと呼ばれる免疫細胞がその抗原を認識し、抗体をつくるリンパ球(B細胞)にそのことを伝えます。伝達を受けたリンパ球によってIgE抗体がつくられ、この抗体が「肥満細胞」と呼ばれる細胞に取り付きます。この肥満細胞の中には、ヒスタミンやセロトニンなどの化学伝達物質で満たされています。


。その後、再び同じ異物が体内に侵入してくると、肥満細胞に取り付いた抗体と異物(抗原)が結合し、肥満細胞からヒスタミンなどが放出されて神経や血管を刺激するようになります。これがアレルギーと呼ばれる免疫反応の正体です。


 体内の免疫システムのバランスが崩れていると、この「IgE抗体」が過剰に生産されるため、免疫反応が過剰に引き起こされ、不快なアレルギー症状として現れてきます。


 フコイダンには、崩れた免疫システムのバランスを調整するよう作用し、アレルギーの原因となるIgE抗体が過剰につくられるのを抑制する効果があるといわれています。

         

フコイダンの効果・効能

フコイダンの効果・効能は、大学や企業の研究者、医療機関などの基礎実験・動物実験や臨床実績データに基づき、多くのものが報告されています。その機能性は多岐に渡り、様々な分野への応用が期待されています。

関連エントリー

フコイダンの免疫力増強作用 フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用 フコイダンの抗酸化作用 フコイダンのアレルギー緩和作用 フコイダンの血圧上昇抑制作用 フコイダンの血糖値降下作用 フコイダンのコレステロール・中性脂肪低減作用 フコイダンの血液凝固阻止作用(抗血栓作用) フコイダンの抗ピロリ菌作用 フコイダンの育毛効果(作用) フコイダンの肌トラブル改善・美容効果 フコイダンの肝機能改善効果 フコイダンの抗肥満・ダイエット効果