フコイダン事典 Top >  フコイダン体験レポート >  根昆布水(自家製)

根昆布水(自家製)

スポンサードリンク

 フコイダンのサプリメントを試してみたい・・・と思ってみても、大抵の場合気軽に購入できる価格ではありません。そこで、もう少し手軽に海藻の健康効果を享受できる方法を、ここでは紹介していきたいと思います。


 使用するのは、いわゆる『根昆布』。根昆布はその名のとおり、昆布の根っこの部分です。この部分には、フコイダンやアルギン酸などの海藻の有用成分が多く含まれていることが知られています。


 根昆布自体は大型の食材店や乾物屋などに行けば、袋詰めのものを入手することができます。価格帯は昆布の種類や容量によってまちまちですが、一袋千円から高くても数千円といったところでしょうか(根気よく探せば、数百円といったものもあります)。今回、根昆布水作製に使用したものは、一袋五百円程度のもの。当サイト管理人の実家が北海道から取り寄せているものを、少し分けてもらいました。


 根昆布水をつくる際には、根昆布部分が1個必要になります。これが1日分となります。だいたい袋には30個ほどの根昆布が同封されていますので、一袋でだいたい1か月もつ計算になります。


【根昆布水のつくり方】
 作り方は、以下のようにいたってシンプルです。

 ①コップに水を汲み、そこに乾燥根昆布を1個入れます。

 ②根昆布の有用成分が抽出されるまで大体一昼夜かかります。
  根昆布水は朝飲むのが良いとされていますので、朝コップの水に根昆布を漬けておき、翌朝に飲むようにします。

 ③一昼夜たったら、根昆布をコップから取り出し昆布水を飲みます。
  根昆布自体は、ダシ昆布として再利用可能です。


【根昆布水に含まれている成分】
 購入する根昆布の種類によって若干異なってくる可能性もあるかと思いますが、根昆布には以下のような成分が含まれていると言われています。

 ・水溶性食物繊維(粘質多糖類): アルギン酸、フコイダン

 ・グルタミン酸

 ・ミネラル: ヨウ素(ヨード)、カルシウム、マグネシウム、鉄


【根昆布水の効果・効能】
 根昆布水の効果でよく喧伝されているのが、血圧の安定化です。管理人の実家も、高血圧対策のために根昆布を定期購入しています。個人差はありますが、副作用としてお腹が緩くなる症状が出る場合があります(便通がよくなる効果として捉えることもできますが・・・)。


【根昆布水体験記】
 一昼夜放置すると、水がかすかに緑色を呈してきます。ニオイの方は、まさに昆布水。結構、昆布のニオイがきつく感じられます。「朝起きたてから、これを飲むのはちょっとキツイかも・・・」と一瞬ひるむような香り。

 しかし、いつまでも放置しておくわけにもいかず、意を決して試飲。根昆布水を口に含むと、かすかに昆布の香りが口から鼻に抜けていきます。肝心の味はだし汁のそれを想像していましたが、いい意味でその期待は裏切られました。

 昆布の味と塩味は若干感じる程度のもの。殆ど気になりません。後味の悪さも残らず、案外あっさりとしたものでした。見た目と実際の感じる味が異なったのは私には助かりました。慣れないうちはチビチビいかず、一気に飲み干す方すほうがいいかも。どうしてもニオイが気になる人は、水に漬けておく時間を短縮すると(夜就寝前に漬けて、起床時に飲むようにする等)、若干ですが緩和されます。ただ時間が短い分、抽出される栄養素も少なくなるように思われますが・・・。


 残念ながら、根昆布水にフコイダンがどの程度含まれているかは分かりません。フコイダンのサプリメントとして販売されているものよりは、含有量はかなり少ないものと思われます。しかし、何よりも安価に手軽に試すことができることや、原材料がはっきりしているという安心感があります。血圧が気になる方は、一度試されてみてはいかがでしょうか。管理人の親類・縁者、またその知人などは大方効果を実感されているようで、実家には数ヶ月に一回の頻度でオーダー依頼が舞い込んでいるようです。

         

フコイダン体験レポート

このカテゴリーでは、巷に溢れるフコイダンサプリメントの無料サンプル等を実際に取り寄せ、試飲した感想などを紹介していきます。

関連エントリー

根昆布水(自家製)