フコイダン事典 Top >  がんとフコイダン

がんとフコイダン

がん細胞に対するフコイダンの作用メカニズムについては、完全に解明されているわけではありませんが、現時点のところ「アポトーシス誘導作用」「免疫力増強作用」「血管新生抑制作用」の3つと考えられています。

がんとフコイダン一覧

lime.jpg

フコイダンのガン細胞に対する作用機序

 数多くの基礎実験や動物実験、さらに臨床の研究や実績によって、フコイダンの有する...

アポトーシス誘導作用

 フコイダンの抗がん作用や抗腫瘍作用を説明するうえで、頻繁に使われているのが「ア...

免疫力強化作用

 フコイダンが免疫力を向上させるのは、体内の免疫細胞を刺激して活発にし、かつ免疫...

免疫細胞について

 フコイダンの免疫力増強作用について別項で触れましたが、その理解の助けとなるよう...

血管新生抑制作用

 フコイダンが抗がん作用を示す理由のひとつとして、「血管新生を抑制する」という効...

がん治療への適用とその効果について(フコイダン療法)

 フコイダンのガン治療への適用について、つまりフコイダン療法において、実際の臨床...

フコイダン療法を取り入れている主な医療機関

 フコイダン療法を取り入れている、またはフコイダンの導入に理解を示している病院、...