フコイダン事典 Top >  低分子・高分子フコイダン

低分子・高分子フコイダン

フコイダンには分子量の大きさによって、低分子タイプや高分子タイプのものがあります。どちらのフコイダンが生理活性の強さにおいて優位であるかは意見の分かれるところであり、現時点では結論は出ていません。

低分子・高分子フコイダン一覧

lime.jpg

低分子フコイダンと高分子フコイダン

 フコイダンは、多糖類といってフコースと呼ばれる単糖が何十万個、何百万個という単...

低分子フコイダン

 高分子であるフコイダンを低分子化する目的は、腸管からの吸収率を改善するためと説...

高分子フコイダン

 消化吸収されにくいとされる高分子フコイダンに優位性があるというのは、フコイダン...